Welcome to my blog

おとなのおとぎばなし

CATEGORY PAGE: ・短編(みじかいお話)

庶民デートをしてみない?

「一度してみたいデートがあるんだぁ。」そうのたまった牧野。してみたいデート?ドライブしたり、3つ星レストランで食事したり、観劇にいったり、プラネタリウムにいったり、公園でのんびりしたりと、牧野と二人でいろいろなところへ行くのはスッゲー楽しいけど・・・そんなデートでは牧野は不満なのか?こういうデート以外にしてみたいデートがあるのか?「いつのものデートも楽しいよ。一緒にいられて幸せだし…。ただね、一度で...

ピクニック 前編

今日は家族でピクニック家から比較的近い大きな公園にきている。私は娘と手をつなぎ、彼は片手にバスケットを持ち、もう片方の手は息子と手を繋いでいる。座れる場所を探しながら他愛ない話をする。これが私たち家族のホッとできる時間。「ママー。この辺が涼しいから、鈴ここがいい」「あら鈴、そこベンチもあっていいわね」そういいながらシートを広げる私。大きなシートを広げて家族水入らずの時間を過ごす。優紀の家とかではた...

ピクニック 後編

彼の運転で都内の大きな公園に着くと、 同じように休みの日を家族連れが思い思いに過ごしているのが見える。 彼はバスケットを持ってくれながら 「スッゲーな。いつもこんな感じなのか」 「お金を使わず、家族でゆっくり過ごせるからね~」そんな話をする私達。彼からしてもピクニック自体が初めてだろから、驚くのも無理はない。 シートから少し離れたところでサッカーや、キャッチボールをやってる親子。 自転車に乗る練習をして...

日常の一コマ

いつもの平和な朝の食事の後の光景                                               仕事が入っていない今日は家族水入らずで過ごすに限る。絶対にかなわないとおもった、好きな女と思いを添い遂げることができた俺は毎日幸せな気持ちで過ごしている。「今日はお互いにお仕事がないんだね~。久しぶりにお休みが合ったね~。出かけるのもいいけど、家でのんびり過ごすのもいいよね...

それぞれの愛情 —前編—

今日から3話分は短編を掲載させていただきます。_________________________________________どれだけお互いが好きでも・・・どれだけお互いがお互いを必要としていても・・・西門の家が牧野のことを認めないのはわかっていた・・・。でも、俺はあいつを諦めるなんてできないんだ。俺は牧野とずっと一緒にいる。そう決めてたから・・・でも、家が、一門が牧野を結婚相手としては認めない。どうしても付き合いたいなら結婚相手以外...