FC2ブログ
Welcome to my blog

おとなのおとぎばなし

CATEGORY PAGE: ・類×つくし(頂き物)

No image

スポンサーサイト

牧野の悩み 前編

今回リレーコラボがきっかけでお知り合いになることができました、りおりお様よりなんと!!お話を頂きました。わ~いわ~い(笑)りおりお様は普段は『類つく』を書かれています。今回頂いた作品も読ませていただいて、私は家のリビングで吹き出しました。家族がすごく怪訝そうな目で見ていたなぁ・・・(笑)それではお話は↓↓↓コチラから大学の中庭で、ベンチに腰掛け、ボ~としている牧野を見つける こいつがこんな所に一人? 珍し...

牧野の悩み 後編

「何、謝ってんだよ!!」 と、総二郎は声を荒げ、類を一喝する その声に、類は眉間にしわを寄せながら呟く 「総二郎には、関係ないだろ?」 「いや、、充分あんだよ! お前、、牧野に、お金を出すから、諦めろ!って言ったらしいな!」 「言ったけど? それが何だって言うのさ、、」 と、総二郎の憤りを余所に、キョトンとした顔で呟く (こいつ、、開き直ってねぇか? それとも、こいつにとって子供は無用の産物って事か? マ...

アゲハ蝶 前編 類Ver.

隣に横たわる気配が動く。そっと起き、足音を立てないように歩くのはいつものこと。眠る類を気遣っての行動なのだが、側にある温もりが離れた時点で目が覚めることを、彼女は知らない。聞こえて来る水音に、類が僅かに目を開ける。それも止みしばらくした後、出て来たつくしは、来た時と同じ姿をしていた。服は勿論、ストッキング、髪型、すべて同じ。何事も無かったかのように、情事の跡を消す。「…じゃあ…行くね」「……ん……」短い...

アゲハ蝶 後編 つくしVer.

隣に眠る顔を見つめる。何時も他人に見せる、不機嫌そうな顔ではなく、無防備な、少年のような柔らかい寝顔。つくしだけが知る、類の顔。その頬に触れたくて手を伸ばし、それを止める。思い切るようにそっと起き出し、足音を立てないようバスルームへ向かう。シャワーを浴びる。温かいシャワーを浴びているというのに、心は冷えていくのが判る。バスルームから出て、鏡に映る自分の姿を見る。首筋、手足、胸元。類が触れていない処...