Welcome to my blog

おとなのおとぎばなし

ARCHIVE PAGE: 2015年10月

No image

スポンサーサイト

イベントSS ~ハロウィンSS~

今日はハロウィンのSSをお送りしたいと思います。お話は『↓↓こちら↓↓』から「西門さーん。お待たせ」息を切らしながら俺の元に走ってくるアイツがスッゲーかわいい。今日は地方のイベントが終わってやっともぎとった休みだ。前々から、この仕事が終わったら会う予定になっていたから、すっげー会いたくてしかなくて昨日は夜遅いのも構わずに車を走らせてもらい、邸に帰ってきた。俺の前まで走ってくるあいつから目が離せない。俺の...

No image

小さな恋のメロディ #32

それから、一週間ほどして足の腫れも少しずつ引いてきた頃、家元に呼ばれて町田さんが来ていた。今、町田さんは田崎さんに代わり、西門流のいろんな支部の事の取りまとめをしてくれている。なので、家元や、家元夫人、や次期家元に呼ばれる事も多いのだ。打ち合わせの後にってことで私の様子を見に来てくれた。「つくしちゃん。足の様子はどう?」「町田さん。その節は大変お世話になりましてありがとうございます」「ううん。いい...

No image

小さな恋のメロディ #31

私は、西門邸で与えられてる部屋に戻ると、町田さんに車で送ってもらった時のことが頭をよぎる。町田和洋はつくしを町田家の車に乗せた後、つくしの背中をさすっていた。「つくしちゃん。大丈夫?怖かったね」つくしは背中をさすってもらっていたおかげか少しずつ落ち着いてきた。「すいません。町田さん。ありがとうございます。町田さんまで巻き込んでしまってすいません。」「そんなことないよ。一歩間違えばつくしちゃんが大け...

No image

小さな恋のメロディ #30

町田は、そのまま横浜へ帰った。俺は、町田が帰った後も、町田が言った言葉が頭から離れず一人で仕事用の書斎で考え込んでいた。牧野が俺の傍にいるから狙われる?それは、この間の牧野のアパートが荒らされたことも関係があるのか?今回暴走車が牧野めがけて向かってきたのも俺の傍にいるために・・・?。俺が狙われるなら、考えられなくはない。こんな家業の家だと、その家に生まれたというだけで、跡取りになれるのが通説だ。そ...

No image

小さな恋のメロディ #29

俺を待たずに先に帰った牧野が、俺が戻ったころには準備を整えているだろうと思い、邸に戻ると、牧野はまだ戻っていなかった。アイツ・・・先に帰るって、まだ帰ってきてねーじゃん。稽古に間に合うようにかえって来るとは言ってたが、どっかで引っかかってんじゃないのか?そんなことを思ってしまっていた。牧野が邸に戻ってきてないだけでこんなに落ち着かない。自分でもこの感情の正体はわかってるんだ。そう・・・。俺はあいつ...

我儘彼氏の取り扱い説明書 #05

彼に何も言わずに合コンに行くのはやめましょう。お酒と送ってもらうのをきちんと断らないと、後で大変なお仕置きが待ってます大学のサークルに入ってる友達から「ねぇ。つくし。今日のサークルの新歓コンパ来てくれないかな?」そう聞いてきた真沙美。だって私サークル入ってないじゃん。サークルに入っちゃうとバイトが出来なくなっちゃうから、サークルには入らなかったんだよね。私は何とか大学まで行かせてもらってるけど、弟...

No image

小さな恋のメロディ #28

あれから特に何事もなく日々が過ぎる。そのおかげで、だんだん気持ちも落ち着いてきた。私はあくまで居候の立場だから、大学への行き帰りや団子屋のバイトに行くときは電車を使うようにしようと決めていた。だけど、西門さんは私を1人にしてまた何かあったら危ないからと、約束もしていないのにラウンジで私を待っている。私のために、そんなことしてくれなくていいよ・・・。西門さんとのお稽古がある日 西門さんはゼミの先生に...

No image

小さな恋のメロディ #27

牧野の部屋が荒らされたという事があってから、俺は大学に行く時と帰りに牧野に一緒車に乗っていく声をかけた。だが、牧野は自分は居候の立場だから、送迎してもらうなんてできないから電車で行くとかいってきた。俺が、「いいから乗れよ」というと「西門さんと同じ車に乗ったらお嬢様たちに刺される」とか、俺にとっては放っておけばいいようなどーでもいい事を言ってきたので牧野のそんな話には聞く耳を持たずに迎えの車に押し込...

No image

小さな恋のメロディ #26

邸に戻った俺たちを待っていたのは家元夫人だった。玄関先に車を止めてもらい車を降りると、辻さんから家元夫人が待っているといわれた。家元夫人の仕事用の書斎へ顔を出すと、目を通していた書類から顔をあげて「あらっ、二人ともお帰りなさい」そういって俺と牧野を迎えてくれた。牧野を見て笑顔で話しかける家元夫人。「おばさま。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」頭を下げる牧野を見て、「いいのよ。牧野さんに怪我がなく...

No image

小さな恋のメロディ #25

≪Haruka MACHIDA②≫カズが持ってきた調査書を読み進めるその後ろの方には、総二郎さまの事だけではなく「牧野つくし」についての詳細も書かれていた。この、牧野つくしという女、総二郎さまだけでは飽き足らず、道明寺、花沢、美作とも関係してるなんて・・・。全員を誑かしてあわよくばこの4人のどこかの家と結婚して玉の輿にでも乗るつもりなのかしら?そんなことを考えているとカズが「花沢物産の跡取り、花沢類はだいぶ牧野つ...