FC2ブログ
Welcome to my blog

おとなのおとぎばなし

ARCHIVE PAGE: 2016年04月

No image

スポンサーサイト

No image

虹色の恋-LoveStory #77

-51-梨花ちゃんが、西門流で茶道を習い始めるようになり、牧野が梨花ちゃんを迎えに来る姿を事務局からよく見るようになった。梨花ちゃんは西門流ではやはり人気者で、娘を西門流に通わせている母親からもかわいらしい子供と人気がある。送迎の人が待ち時間を過ごす部屋があるので、牧野がそこで梨花ちゃんの稽古が終わるのを待っている。そんな牧野を、玲子さんが他のスタッフと打ち合わせをしながら歩いている時に見かけたようで...

No image

虹色の恋-LoveStory #76

-50-牧野の娘の梨花ちゃんが、西門流を習う事になった。初日に母親と、三枝さんと一緒にやって来た梨花ちゃんを俺は西門の関西支部の事務所から見ていた。初めての場所なのに、西門のスタッフに「こんにちは。まきのりんかです。これからよろしくおねがいします」そういってスタッフの女性にペコッと頭を下げている。その後ろで牧野と三枝さんが微笑んでいた。俺はその様子を見て微笑んでいたらしい。近くにいた事務所の人間が、「...

No image

虹色の恋-LoveStory #75

-49-仕事からホテルに戻ると、玲子さんがいなかった。玲子さんが使っていた部屋には、神戸の親戚の家に一泊してくると書いてあった。ずっと家元夫人のもとで、次期家元夫人としていろいろな勉強をしている。いつも笑顔で家元夫人と一緒に色々なところへ同行していると聞いている。望むと望まずとにかかわらず、玲子さんの事は俺のところにも話が入ってくる。一応婚約者という立場だからなのだろう。聞いただけでも、あの押しの強い...

No image

虹色の恋-LoveStory #74

-48-家元夫人と次期家元夫人でいらしくてださいと鎌倉方面の後援者からおもてなしを受けたので、家元夫人とご一緒に行くことになった一泊の予定が伸びると聞いた時に、家元夫人は後援会の皆さんの前で、「あら。玲子さんが帰れないのでは総二郎が寂しがりますわね」などと言っていたためか「お二人のご結婚はいつごろになりですか?」「お二人でしたらお似合いの夫婦になるでしょうね」「今のこのように内助の功で将来の旦那様を支...

No image

虹色の恋-LoveStory #73

-47-牧野さんたちが帰ってからしばらく梨花ちゃんの様子とかを広田さんが教えてくれたので、総二郎さんにも何気なく「梨花ちゃんとこんなことがあったらしいですわよ」などと総二郎さんに声をかけると、東京にいた時の様子を思い出したかのでしょうきれいに笑った。その時に私は「あれっ?」とおもったわなんとなくだけど総二郎さんがきれいに笑った顔と梨花ちゃんが私に向けてくれた笑顔が似ている気がしたから・・・。その後、家...

No image

虹色の恋-LoveStory #72

総二郎さんが息をのみ見つめる女性は、総二郎さんの後輩だった。でも、ただの後輩に向ける表情ではないわ。そんな事を思ったけれども、取材やそれを含めた打ち合わせの間中は何も考えずに仕事をしていた。その時にチラッと総二郎さんを見ると、書類に目を落としながら、牧野さんの話を黙って聞いている。普段誰の前でも変わらない総二郎さんが表情を崩すなんて・・・そんなことを考え乍ら話を聞いていた。でもそんなときに牧野さん...

No image

虹色の恋-LoveStory #71

-46-その総二郎さんの心にずっと住み着いている女性がどんな方なのかはわからないけれど、総二郎さんも私と同じように、親の決めた相手から逃れられないのだろうと思っていたので忘れられない相手がいても、そのことに対して何かを思う事はなかったのです。ですけれど、総二郎さんの心の中にずっと住んでいる女性の方と、本当に偶然お会いしてしまったのです。そう話をつづける私を見つめるおばさまそのおばさまの表情を私は思った...

No image

虹色の恋-LoveStory #70

私は使用人が持ってきてくれたお茶を飲みながら、おばさまに少しずつ語り始めた。「お父様とお母さまは、西門の家と婚約ができたことをとても喜んでいました。」「・・・お父様とお母さまはという事は、玲子は嬉しくないのかい?」初めは冗談とも本気ともつかずに聞いてくる。「お父様からも、お母さまからも、いずれは、おばさまのような由緒ある家か、伝統や格式のある家に嫁ぐと言われていましたから、嬉しくなかったわけではあ...

No image

虹色の恋-LoveStory #69

-45-総二郎さんが一人で西門の関西支部の会合に行ったのを、窓からみおくって、私は神戸に向かった。今日、明日と私はお休みを頂いていたから・・・。今日は先日電話したおばさまのところへ行くことにした。車で送ってもらい、おばさまの邸に着く。おじさまが10年前に泣くなって悠々自適に生活されているおばさま。学生時代はおばさまの勧めもあり、海外へ留学もさせてもらったこともあったのを思い出す。・・・そう。あの頃の私...

アンケートにご協力お願いします

今日はご協力があってこの時間に更新させていただきました。ご存知の方もいらっしゃることと思いますが、Gipskräuter さんとasuhanaさんと、私でコラボをしましょうと話をしておりました。そこでコラボの内容についてアンケートを取らさせていただこうと思いまして今回このお知らせの場を借りることにしました。 FC2投票 無料アクセス解析 こちらのアンケートGipskräuterさまのところにもasuhanaさまのところにもあるので、...