FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ・家族改造計画

家族改造計画 3章-4

-2 COMMENT
総二郎さんと女性の様子は、好きあっているという感じではなかった。

そしてその総二郎さんと女性の様子を思いつめた顔をして見つめている牧野さんの様子を見て
牧野さんはもしかしたら・・・?

あくまでも私が思っただけだけれど、
牧野さんの気持ちにたいして思う所があった。


その後、総二郎さんと一緒にお店にいた女性が出ていくと、
総二郎さんがどこかに電話をかけていた。

その電話は、牧野さんだったようで、
牧野さんは驚きながらもその電話に出て、話声が大きくなった時に
ココに私たちがいる事を気づかれないように牧野さんはお手洗いに駆け込んだ。

私は牧野さんと電話をする総二郎さんの様子を見ていて、
私達家族でも見たことがないような、優しい、柔らかい表情をして牧野さんと電話をしていた。

こんな顔をする総二郎さんを初めて見たわ。
総二郎さんが牧野さんを大切に思っているのは、道明寺の楓さんが来た時に私のところにすごい顔をして
抗議に来たから、分かってはいたけれど・・・
こんなに優しい表情が出来るなんて・・・。


二人の様子を見ている限りだと、お互いを嫌ってはいないみたいだけど・・・

そんな事を思っていた私に気がつく事もなく、牧野さんとの電話が終わるとお店を後にする総二郎さん。


総二郎さんがお店を後にした後、少しすると牧野さんも席に戻ってきた。

「おばさま。バタバタと騒がしくして申し訳ありません」
「いいのよ。気にしないで。でもびっくりしたわね。まさか総二郎さんがこのお店にくるなんて」
「ホントですよね。まさか女性を連れてココにくるとは思わなかったですね」
そういって笑顔になる牧野さん。


牧野さんには自覚がないのか、それとも自分の感情をまさかそんなわけがないと言い聞かせているのか?
一瞬総二郎さんが連れてた女性の話題になった時の表情が明らかに意識しているように感じられる。


そんな事を思いながら、当たり障りのない会話をしてしてお店を後にする。

その後、家元夫人は後援会の御婦人の紹介で、ある企業の社長とその息子さんと会っていた。
園田社長は、会社に茶道部を作りたいと話していた。
その関係で知人から、日本最大流派の西門流の後援会の存在を教えてもらい、
後援会の幹部と一緒に家元夫人が会う事になった。

園田社長の会社の近くでは、2週間後に財団法人の主催で茶会を催すことになっていたので
急はあるけれど、そこに招待することにした。


その茶会の前に、西門ではどんなことをしているのかを見たいと園田社長に言われたので、
社長と息子さんに、西門流の関係会社を案内することになった。


本宅、都内の大きな公園内にある茶室、西門会館、茶道資料館などを案内して歩く。
資料館を案内していると、牧野さんが館長と資料館のレイアウト変更の件で話をしていたのが目に入る。

「どうなさったの?」
そう声をかけると、館長と牧野さんが
「本日ご来館いただいたフランスのお客様が、この案内がよく見えなかったらしかったんです。
なので、このボードの位置を変更してよく見える様にしようかと思いまして、牧野さんに意見を聞いてたんですよ」

そういって二人でボードを掲示する位置を確認していたけれど、
館長も牧野さんもそんなに大きくないので背伸びをして、すこし飛び上がる感じになってしまっていた。


その様子を見た園田社長の息子さんが、牧野さんの手からボードを取り上げると、
牧野さんはバランスを崩して園田社長の息子さんの方に倒れ込みそうになっていた。

息子さんは牧野さんの肩にそっと触れ、倒れないように支えると
「・・・失礼しました。このボードはこのあたりでよろしいでしょうか?」
そういって、手を伸ばして館長たちが設置したい場所にボードを添えている。

「お客様に、そんな事をさせまして申し訳ありません。」
「いいんですよ。何かお困りの事があったら助けるのは当たり前のことですから、
女性なんですからあまり無理をしてはいけませんよ。」
そういうと牧野さんの方を見て、笑顔をみせる。

牧野さんも園田社長の息子さんに笑顔をみせると
「すみません。ありがとうございました。」
そう言って頭を下げる。

「怪我をしませんでしたか?」
園田社長の息子さんは、そういって牧野さんの顔を覗き込むと、
頭を優しくポンポンとしていた。

「・・・はい。おかげさまで・・・」
俯いてそれだけ言う牧野さんに、フワッとした柔らかい笑顔をみせていた。




**********************
あれっ?なんか総ちゃんのライバルになりそうな人が登場しましたね(笑)

総ちゃん・・・気張らないと持ってかれちゃうよ~
スポンサーサイト
  • Share

- 2 Comments

miumiu:『姫』  

えみりん様

そうなんです。
ライバルなんです(笑)

やっぱイケメンですか?って・・・
もちろんですよ。皆様イケメンが好みでしょう(笑)

お年はつくしちゃんより3つくらいで考えてますよ~
総ちゃんの家ほどではないけど、そこそこのお金持ちだと思って書いてますわ。
背も総ちゃんほどじゃないけどつくしちゃんよりは高く考えております。

うわっ。えみりんさんに私の下書きよまれてるわぁ(爆笑)

2016/09/12 (Mon) 22:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/11 (Sun) 23:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

家族改造計画 3章-5
PREV
NEXT
家族改造計画 3章-3