in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ・合同イベントSS

いくつもの時を過ぎても 【前編】

-8 COMMENT
それはまだ私達が付きあっていた時だった。

公園のベンチで2人で座って桜吹雪を見ていた。
「ねぇ・・・総。来年も私達この桜を一緒に見られるかなぁ?」
そんな事をつぶやいていた。

でも、私の隣で手を繋ぎながら、私の大好きな人は私の方にもたれかかってウトウトしていた。

昨日も急に仕事を入れられてしまっていた。
本当は昨日は家での仕事だけだったはずだったのに、急遽出かけなければならなくなってしまったのだった。
それでも私のとの約束を守るために、どんなに忙しくても時間を作って二人でゆっくりできる時間を作ってくれる。

部屋でゆっくりさせてあげればよかったかなぁと思いながらも、私の方に頭をもたれかけさせる彼に
気を許してくれてるんだとほほえましく思いながら私は桜吹雪を見ていた。


わたしたちの向かいにはおじいちゃんとおばあちゃんがいた。

二人の周りに漂う温かな空気に思わず目をやると

おじいちゃんが立ち上がり、おばあちゃんの方を向いて手を差し出している。
おばあちゃんは笑顔で、おじいちゃんの手を取ると、
ゆっくりと立ち上がり手を繋いで二人でどこかへ歩いて行った。

そんな何十年たっても仲のいい、おじいちゃんとおばあちゃんを見て、
二人が色々なことを超えて今一緒に居るその姿をほほえましく見つめてしまっていた。


隣りで私の肩に頭をもたれかけてる人を見て、
今隣に座ってるこの人とあんなふうに何年たっても何十年たっても一緒に寄り添っていたいなぁ
そんな事考えながらおじいちゃんとおばあちゃんを見ていた。



今の時期は夕方になると涼しいから、そろそろ彼を起こす
「ねぇ。総、風邪ひいちゃうから、もどろっ」
そう声をかけると、彼はハッと身を起こす。

「・・・悪い。」
それだけ言うと、無言で総が私を見ている

「仕方ないじゃない。昨日急にお仕事はいっちゃったんだもん。
他の日にすればよかったね。お出かけ」
そういって笑顔で総を見ると、総は私の頬を両手で包み優しく笑いかけてくれた。
「サンキュ。つくしちゃん。」
そういうと立ち上がって私に手を差し伸べてくる。
その手を取って立ち上がると邸に戻るために車に向かっていた。

ねぇ。総・・・。
総は笑うかもしれなけど、私はね、豪華な食事も広いお部屋もいらないよ。
私はただ、二人で過ごすこの時間がずっと、ずぅっと続けばいいと思っているんだよ。

*******************

そして3年ほどたったころ、私の住まいは6畳ほどの小さなアパートから
内弟子がたくさん居住する西門流の本宅に住まいをうつしていた。

女性なら一度はあこがれる、好きな男性の名字になり、好きな男性と一緒に生活して、
好きな男性との子供を産み育てる。

総は思った以上にマイホームパパで、私が妊娠が分かった時は、
甲斐甲斐しくいろいろと手伝ってくれていた。

私と結婚してから総は、家の用事で出張に行かされると、
結婚前まではゆっくり過ごしたいと現地に泊って帰ってくることが多かったらしいけれど、
今はできるだけ日帰りの出張か遅くなっても日帰りで帰ってくることが多くなった。

総が出張から帰ってきて、夫婦でのんびりした時間を過ごす。
だいぶおなかも大きくなってきた私が縁側に座って桜吹雪を見ていると、
足音も立てず静かに私の隣にやってきて腰掛けた総と
何も言葉を交わすこともせずに、ただただ二人で同じものを見つめる。

そのまま私は総にもたれかかって眠っていたというのを、
後から邸でずっと働いてくれている田中さんから聞いた時は、
すごく恥ずかしくなってしまっていた。

あの時、総が何かを言っていた気がするんだけど・・・?
そうは思ったけれど、恥ずかしくて改めて聞く事なんてできなかった。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*
つくしちゃんのペースでまったりデートをしている二人です。

こんな空気に憧れていたのですが、実体験では一度も経験してないよ(汗)

今回テーマが
『ほっこり、ほんわか』 『幸せになる』 『思わずにやけちゃう』
なので、甘々な話になりました。

他の皆様のお部屋です
直接飛べます。

明日咲く花 吾亦紅 【前編】

上を向いて歩こう 秋桜 【前編】

おとなのおとぎばなし いくつもの時を過ぎても【前編】

gypsophila room あなたのいない日【前編】

柳緑花紅 木枯らしに抱かれて【前編】
スポンサーサイト
  • Share

- 8 Comments

miumiu:『姫』  

花サマ

そうなのよね。
若いころ飛び跳ねていたからこその
マイホームパパなんでしょうね。

2016/10/16 (Sun) 22:31 | EDIT | REPLY |   

miumiu:『姫』  

asuhana様

手を繋ぎたくなるってCMですか?

2016/10/16 (Sun) 22:31 | EDIT | REPLY |   

miumiu:『姫』  

Gipskräuterサマ

いいんです。あきをテーマにして書く事には今回なってないので
いいのよ~~~。

これイチョウだとしっくりこないでしょ(笑)

2016/10/16 (Sun) 22:30 | EDIT | REPLY |   

miumiu:『姫』  

青空心愛様

ウチの総ちゃん・・・違う言い方すればヘタレです(笑)

2016/10/16 (Sun) 22:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/15 (Sat) 23:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/15 (Sat) 13:20 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/15 (Sat) 12:46 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/15 (Sat) 12:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

いくつもの時を過ぎても 【後編】
PREV
NEXT
かけがえのないもの 【後編】