in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ・合同イベントSS

いくつもの時を過ぎても 【後編】

-10 COMMENT
一番欲しかったものを手に入れて、俺は今まで以上に仕事に励んでいた。

結婚して初めの頃は、よく縁側に腰掛けて外を眺めているつくしに、苦い表情をする人も多かったが、
つくしの良さが理解されるようになってからは、それに関して何も言う人はいなくなった。

結婚してからの俺は、前にも増して出張で支部や視察に行かされることがおおかった。
前なら、あの息苦しい邸に居たくなくて、一晩出張先で泊って帰ることが多かったが、
今はつくしの待っている邸に早く帰りたくて仕方がなかった。

秘書も運転手もそこのところを理解してくれているようで、
「本日の会合が終わってからですと、お戻りは深夜になりますが?」
などと秘書が耳打ちしてきたり
「総二郎様。最短でお戻りなれるルートを調べておきました。
最短でも2時間はかかりますのでその間お休みください」
そう言ってくれる運転手。

彼らもつくしの屈託ない笑顔と、温かい穏やかな表情が好きだった。
だから、俺が一分でも一時間でも早く邸に帰りたいという意向をくんでくれる。

独身の時は付き合いで出ていた視察の後の会合という名の食事会も、顔だけ出してすぐ帰るという状態だった。
「そんな風に若宗匠をまっすぐに帰宅させる女性に一度お会いしてみたいですな」
そういって豪快に笑う会合相手。


俺が邸に戻った翌日の朝、家元に呼ばれた。
俺がそこに行くと、意外なことに今日は家元夫人も揃っていた。

珍しいな。この二人が揃ってるなんて・・・
そう思いながらも、挨拶を交わす
「昨日深夜に戻りましたため、ご挨拶が遅くなりまして申し訳ございません。」
「ご苦労だった。総二郎。明日は久しぶりにゆっくり休みなさい」

・・・はっ?
今なんて言った?
仕事の鬼のこの人から『休め』という言葉を聞いた気がしたが・・・
なんか裏でもあるんじゃねーだろうな?

そんな事を思っていると、家元夫人が俺に声をかける
「つくしさんもね。慣れない場所での出産も近いでしょう?
彼女・・私に心配かけまいとしていろいろなことを言わずに我慢してるでしょうから、
なるべくつくしさんの傍にいてあげて」
それだけ言うと、部屋を出ていく。

俺は出ていった家元夫人の背中を見ながら、あの人はあの人なりに俺達の事を見ていてくれて
ちゃんと考えてくれていたんだと思った。

俺が家元に挨拶を済ませ庭が見える通りを歩いていると、裏の縁側につくしが腰を掛けて桜吹雪を見ていた。
足音を立てずにつくしの隣に腰掛け二人で桜吹雪を見る。

独身の頃二人でのんびりとよく見に行ったことを思い出しながら、
あの時俺がつくしの肩に頭をもたれかけさせてウトウトしていた時に
つくしがつぶやいていた言葉を思い出していた。

コイツは考えていることが独り言として出ることがあったから、
あの時も自然に言葉が出ていたことに気がついていないのだろう。
眠りに落ちそうになっていた時に

「今隣に座ってるこの人とあんなふうに何年たっても何十年たっても一緒に寄り添っていたいなぁ」

そんな言葉が最愛の女の口から自然と発せられていた。

俺は、その言葉にすごく幸せな気持ちにさせてもらえた。
この言葉を聞いた時に俺は何があってもコイツを幸せにするんだと・・・コイツの手を離さないと決めたんだ。

その念願がかなって結婚できた俺達をいろいろ言う人もいたが、直接温かい言葉をかけてくれることはなくても
家元も家元夫人も温かい目でつくしを見守ってくれていた。

俺もつくしももうじき父親と母親になるんだと思いに浸っていると、
つくしの頭が俺の肩にコツンとのっかって来た。

つくしの腰を抱き寄せた俺は
「ずっと、ずっと一緒に居ような。俺もお前も子供や孫に囲まれて幸せに暮らせるからさ」
俺の肩に頭を寄せてうたた寝をするつくしの耳元に囁く。

そのままつくしを抱き上げると寝室にそっと寝かせる。
「たくさん。たくさん幸せにしてやるから、ずっと俺の傍にいてくれよ」
幸せそうな表情で眠るつくしを見つめそう囁くと額にそっとキスをした。


それから2ヶ月後、西門家に待望の跡取りが産まれ、
両親と祖父母を含む西門のすべての人から愛情をかけられていたのだった。


*********END
今回テーマが『ほっこりする』 『幸せになる』 『思わずにやけちゃう』
なので、甘々な話になりました。

他の皆様のお部屋へ飛べます
明日咲く花 吾亦紅 【前編】吾亦紅 【後編】

上を向いて歩こう 秋桜 【前編】秋桜 【後編】

おとなのおとぎばなし いくつもの時を過ぎても【前編】いくつもの時を過ぎても【後編】

gypsophila room あなたのいない日【前編】あなたのいない日 【後編】

柳緑花紅 木枯らしに抱かれて【後編】

スポンサーサイト
  • Share

- 10 Comments

miumiu:『姫』  

あおさま

はじめまして


まさか、あきつくのあおさまですか?
いらしていただけるとは思ってなかったので
すごく嬉しいです

きゃいきゃい舞い上がってます


あんな風にささやいてくれる男性が私にもいないかなぁ
といつも思うのです(笑)

2016/10/19 (Wed) 10:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/18 (Tue) 14:44 | EDIT | REPLY |   

miumiu:『姫』  

花さま

お疲れさまでございました。

へばっていた私です(笑)
じゃあ出掛けなきゃいいのに・・・
という声が聞こえそう(笑)

一家に1台つくしちゃん
いいですね~。

2016/10/18 (Tue) 10:04 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/17 (Mon) 00:37 | EDIT | REPLY |   

miumiu:『姫』  

asuhana様

イベントお疲れさまでした。

こちらこそご一緒出来てうれしかったです。
ありがとうございます。

こんな旦那どっかにいないかなぁ(笑)

2016/10/16 (Sun) 22:35 | EDIT | REPLY |   

miumiu:『姫』  

青空心愛様

イベントお疲れ様でした。

仲のいい夫婦に憧れます私(笑)
そんな夫婦になってやる~~

2016/10/16 (Sun) 22:33 | EDIT | REPLY |   

miumiu:『姫』  

Gipskräuterサマ

コラボお疲れ様でした♪

こんな夫婦いいわよねぇ(笑)

2016/10/16 (Sun) 22:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/16 (Sun) 17:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/16 (Sun) 16:57 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/16 (Sun) 14:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

クリスマスコラボ
PREV
NEXT
いくつもの時を過ぎても 【前編】