FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ・家族改造計画

家族改造計画 3章-5

-2 COMMENT
2週間後にある財団法人主催の茶会の件を邸で家元夫人と話をしていた総二郎に、
「総二郎さん。今回の茶会はいつもくる茶を普段から嗜んでいるような方がたではなくて、これから茶に触れる方が多く来るそうですので、そこのところを考慮してお手伝いを出してくださいね。」

そういって家元夫人の弟子や知り合いから2名、俺のところから1名手伝いを出すことになった。
手伝いの人数でもわかるが、多いときは10人前後の内弟子が手伝いに出されるが、
今回は普通の半分で済んでいる。

家元夫人のところから2名と俺のところから1名と、後2人もいれば十分な茶会なのを考えればいつものような大掛かりの茶会ではない事が伺える。

「わかりました。その辺は考慮させていただきます。」

俺は其の週の稽古の時に、牧野に話をした
「今度の日曜のバイトは調整してもらえるか?」
「日曜日・・・館長に聞いてみるね」
牧野はそう答えているが、おそらく館長は了承するだろう。

館長には、茶会の手伝いに呼ぶことがある時があるので、その時は時間を調整してほしいと
牧野がバイトを始める時から館長には話していたので、館長は2つ返事でOKを出すだろう。

「あぁ、茶会の時間は金曜の夜に連絡する」
「うん。」
そう言って牧野と稽古をする。


*******************
2週間後
「間島さん。これはどちらに運べばよろしいですか?」
「あら、つくしちゃん。それはコッチにお願い」
「はい。」

総二郎さんと一緒に最終確認をして歩いていると、控えの間からそんな声が聞こえてきた。

その声を聞いた総二郎さんは、クスクス笑っている。
私はその様子を見ながら
「牧野さん。間島さんについてよく動いてくれてるわね」
そう声をかける。
総二郎さんは自分の事の様に嬉しそうな顔をすると
「そうですね。アイツはいつもちょこまかちょこまか動いていますからね。」
それだけ言うと控えの間の方に目をやる。
そこには間島さんにいて色々な配置を直している牧野がいた。



園田社長と息子さんが予定より1時間ほど早くお見えになった。
「こんにちは。本日はよろしくお願いいたします。」
「私までついてきてしまって申しわけありません」
そういって二人は出迎えにでていた家元夫人と総二郎に頭を下げる。

「園田さん。大樹さん。本日はよろしくお願いいたします」
家元夫人がそう言って頭を下げる。
隣りで俺もいつも通りの笑顔を浮かべて頭を下げる。

「西門総二郎と申します。本日はよろしくお願いいたします。」
そう言って頭をさげた。

園田親子は、始める前に茶会の時はどんな風に皆さんが準備をしているかを少し見たいというので、
家元夫人と連れだって園田親子を案内していた。

「短時間でこれだけの準備をしてしまうなんて素晴らしいですね。
これらの準備をお手伝いのメンバーだけで行うんですか?」
そんな事を園田の息子が聞いてくる。

「えぇ。これらの準備だけなら手伝いで間に合いますよ。
おもてなしする人数が多いときは手伝いのメンバーも多くなりますよ」
そう言って俺が色々と案内して歩いていると、

間島さんと一緒に準備を終えた牧野が、茶会の手順をスタッフから教わっていた。
「つくしちゃん。若宗匠が茶をたてている間は控えていてくださいね」
「はい。」
園田の息子を案内しながらそんな会話が耳に入る。
牧野は西門のスタッフに溶け込んでいるなと、ほほえましく見ていると、

「お嬢さん!?」
俺の隣で園田の息子が驚いたように声をあげた。

その声に振り向いた牧野は
「あっ・・・先日の・・・。先日はご迷惑をおかけいたしました。」
そういって園田の息子に頭を下げる。

この二人は顔見知りなのか?

俺は、表情を崩さないようにしながらも、牧野と園田の息子がどこで知り合っていたのかが気になっていた。

そんな俺を尻目に
「いいえ。いいんですよ。お怪我はなかったですか?」
「えぇ。おかげ様で・・・。・・・あの。今日は・・・?」

「今日ですか?、こちらの茶会にご招待いただいたんですよ。」
そういって園田の息子は牧野に笑顔をみせていた。




アレ?園田さんの息子さん(大樹君←今決めた(笑))
ここまで関わらせる予定じゃなかったんだけどなぁ・・・

完璧つくしちゃんを気に入ってるよね。彼・・・どうやらひとめぼれらしい。
今回話してみて余計に惚れたかも・・・

総ちゃん頑張るんだよ(笑)
スポンサーサイト
  • Share

- 2 Comments

miumiu:『姫』  

えみりんさま

ここ大事に笑わせてもらいました。

本人の意思とは関係無くよってこられちゃったんですよ(笑)

果たしてやつは、スパイスになるのか・・・
はじめから勝負はきまっているのか・・・

2016/09/13 (Tue) 23:13 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/13 (Tue) 07:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

家族改造計画 3章-6
PREV
NEXT
家族改造計画 3章-4