in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ・頂き物

SA・YO・NA・RA   by haruwoさんより頂き物

-2 COMMENT
先日、haruwo様のところで私が送り付けたお話のお返しにとお話を頂きました。

わぁ~~い+゚。*(*´∀`*)*。゚+
なので本日はこちらを公開させていただきますね。

お話は↓↓↓こちらからどうぞ


あたしが大学3年のとき、新しい友達ができた
ちょっぴり天然でかわいい美雨ちゃん
あだ名は「姫」
元々はバイト先が一緒で仲良くなって、色々話しているうちに、同じ英徳に通っていることが判明した
判明したのが、仲良くなってから2カ月後というのが、あたしと姫らしいボケボケのエピソードだ

姫は、今まであたしとF3の周りにはいなかったタイプの女の子だった

我が道を突き進む、猪突猛進型の滋さん
美しい薔薇のようだけど、その棘には猛毒がある桜子
ふわふわしているけれど、根は頑固でしっかり者な優紀

そのどれにも当てはまらない姫は、T4にすんなりと馴染み、F3とも仲良くなっていった

F3と仲良くなったことにより、姫への風当たりは強くなったけれど、姫はどこ吹く風で全く気にしていなかった

______恐るべし、天然娘








F3は大学4年になった途端、それぞれに忙しくなっていった
類はフランスへ、美作さんはシンガポールへとそれぞれ修行に出ていて、日本と海外とを行き来していた

そんな中、西門さんは卒業後に京都へ行くことは決まっているものの、大学生活の4年間は自由にさせてもらえるとのことで、顔を合わせる機会が増えていった

自ずと西門さん、姫、あたしの3人での行動が増えていく

あたしたち3人は、西門さんの車でよくドライブに出掛けた

春は桜前線を追い掛けて
夏は熱い陽射し照り返す海へ
秋は紅葉のトンネルを抜けて

助手席にはあたしと姫の交代で座った

「俺の隣に座る女に不公平があったらマズいだろ?」
西門さんがウインク付きでそう決めた

3人での時間はとても楽しかった
最初のうちは……




大学2年の夏に道明寺とは別れていた
道明寺に婚約者ができたから
道明寺もあたしも、現実を意外とすんなり受け入れた
日本とNYの距離に負けたのだ
この別れはあたしに傷を残した
がんばれなかった自分がイヤになった
もう当分、恋愛はいいな……そう思っていたのに



西門さんと姫と3人で過ごしているうちに、あたしは西門さんを好きになってしまった

あたしは3人で過ごす時間がどんどん苦しくなっていった

そして、姫も西門さんを好きになっていった

あたしたち3人は微妙なバランスのまま、季節は冬を迎えた








西門さんの誕生日が近づいたある日、姫は頬を赤らめながら、強い瞳であたしに宣言した

「私ね、西門さんの誕生日に西門さんに告白しようと思うの」

あたしは咄嗟に言葉が出なかった

あたしにはそんな勇気はない
道明寺との別れはあたしを臆病にさせた

もし、西門さんが姫の気持ちを受け入れたら、あたしはどうするんだろう?
今まで通りに笑える?
「よかったね」って姫に言える?

色んな思いが頭の中でぐるぐるしたあたしが姫に言えたのは「そっか……」の一言だけだった








12月3日の夜、姫からの電話が鳴る

結果を聞くのが怖い……
でも聞かなきゃ……

意を決してあたしはスマホを手に取る

「……つくしぃ〜」
姫は泣いていた

結果はダメだったらしい

「ごめんな……姫のことは好きだけど、それはきっと姫が俺を好きなのとは違う好きだよな?」
西門さんはそう言って、姫の頭をポンポンと軽く叩いたとのことだった

「西門さんは優しかったよ……私、西門さんを好きになってよかった」
姫は泣きながらも、どこかすっきりした声だった

「全く、西門さんは見る目ないね〜あんな男はさっさと京都行っちゃえばいいんだよ!」
あたしも泣きながら悪態をつく

「もう……つくしったら」
姫が泣き笑いする






姫、姫の涙は綺麗だね
あたしの涙の1000倍澄んでるよ

あたしはズルい
どこかホッとしている

西門さん、悪者にしてごめんね
ホントはあたしも西門さんのことが好きなの

姫、隠しててごめんね
ホントはあたしも西門さんのことが好きなの

あたしはこんなあたしが嫌い
だから、あたしは自分の気持ちに蓋をする

さよなら、西門さん
さよなら、あたしの恋心……






♬〜SAYONARA もう あなたとは会わない
SAYONARA 2度と会えない



〜fin〜

**********************
わぁ~。お話に私が登場してる~~~(笑)

がんばって総ちゃんに告白しました・・・が、フラれちゃったねぇ。私
でも、頭ポンポンされたのが嬉しいのだ。

遊びの相手じゃなくちゃんと断ってくれたね。総ちゃん(爆)
・・・じゃあこれからは総ちゃんを幸せにするお話を書こう・・・と心に決めたmiumiuでした。


haruwoさん、素敵なお話ありがとうございました。(o*。_。)o
スポンサーサイト
  • Share

- 2 Comments

miumiu:『姫』  

haruwoさま

いらっしゃいませ(笑)

いいえ~、お目汚しなんてことは全然ありませんよ。

素敵なお話ありがとうございました。


2016/09/21 (Wed) 12:33 | EDIT | REPLY |   

haruwo  

お目汚し失礼いたしました(大汗)

miumiu姫

オジャマシマス・・・(コソッ)
やっぱりチューさせればよかったw
お礼小話にならない切ない仕上がりで申し訳ない(>人<)
姫の愛する総ちゃんは、つくしちゃんともくっつかないから許して♪

姫のファンのみなさま、お目汚し失礼いたしました(大汗)

haruwo

2016/09/21 (Wed) 12:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

姫が生まれた日(類くん誕生日SS、後日談)
PREV
NEXT
99%LIBERTY 後編 ~星香様からの頂き物~