in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ・家族改造計画

家族改造計画 4章-10

-2 COMMENT
桜子と待ち合わせしたのは、最近できたイタリアンのお店だった。

このお店を選んだのは桜子だった。
桜子に言わせると
「先輩は安くておいしければなんでもいいとおっしゃるでしょうね。
男性がご一緒の時は居酒屋とかも悪くはないと思いますが、

久しぶりの女どおしの食事ですから、
最近できた、女性に大人気と謳われているお店に行きましょう。
女同士で話したいときは、そうゆうお店の方がいいですわよね」

そういう桜子が選んだお店なだけあって

内装が薄いピンクの、白のアンティークテーブルで統一されたお店だった。
高級感があるけれど堅苦しくないお店だった。


食事の量も、女性をターゲットにしてるだけあって、ひとつひとつの料理の量は多くはない
その分一つのお皿に色々な種類の料理を乗せたプレートを出しているので、
おいしいものに目移りする女性にとっては少ない量でたくさんの種類の料理を食べられる。

そしてこのお店は女性に人気のアルコールを取り揃えているだけでなく、
私の様にお酒がほとんど飲めない人のためのノンアルコールも充実していた。


桜子はワインなどを頼んで、それに合う料理を運んでもらう。
私はお酒ではなくソフトドリンクか、ノンアルコールか悩んでいると
「こうゆう場所でしか飲めないものの方がいいんじゃありません?」
と桜子が言ってきたので、
クランベリーキューティーというピンクのノンアルコールカクテルを頼む。

「先輩にしては女子っぽい可愛いものを選びましたわね」
そういって笑顔をみせる桜子。

「・・・たまにはいいんじゃないかと思ってね」
そういう私の表情一つを逃さないようにじっと見て話を聞いている桜子。

桜子もまた西門さんとは違う意味で敏いから、
私の身に起きたいろいろなこと
思っている色々なことを気づかれてしまう。

心配させたくないから、何も言わないようにしているのに・・・。


桜子が店員を呼んで、店員に何かを話すと、5分もしないうちに私たちの席に料理が運ばれてくる。

量は少なめだけど種類がたくさんの料理を口に運ぶ。

あっ、この料理おいしい
これをうちにある安い食材で代用して作れないかしら?
そんな事を思いながら料理を口に運んで、あの食材はどうかしら?
この食材はどうかしら?

なんて考えていたので桜子の話があまり耳に入っていなかった。

「・・・んぱい。先輩?」
はっと気がつくと桜子が何度も私を呼んでいたようだった。
「あっ・・・ごめん桜子。なに?」
「先輩、なにボーッとしてるんです?」
私を心配そうに見る桜子に
「あのね。ここのお料理おいしいじゃない。
ここのお料理がすごくおいしいから家にあるもので代用できないか考えていたの」
桜子に笑顔でそう答える。

桜子はその私の笑顔がひきつっているのを感じたのだろうか
「先輩。久しぶりにお会いできてうれしいですわ。
今日はいつもならお稽古の日だったでしょうに、私と食事に行く約束を取り付けられたという事は
今日はお稽古が休みだったのですわね。」
そういって笑顔になる。

・・・今日、そうだお稽古の日だったっけ
そのことを思い出してしまう。

お稽古・・・今日は西門さんが一人で園田さんの所へ行ったのだろう。
今日はきっといつも以上に、生徒さんたちは積極的に西門さんに話しかけるのだろうか?

園田さんの所へお勤めになる位の方達だから、皆様、お家同士の釣り合いのとれる方達ばかりのはずだから、
きっといろいろとデートのお誘いを受けているかもしれない。

たくさんの人がお稽古に参加されるから、一人だと手が回らなくて大変なハズ・・・
なのに、今日私お休みしちゃって・・・
申し訳ないことをしちゃったなぁ・・・と思っていると

桜子が声をかけてくる。
「表情は暗いですわよ。どうかなさいましたの?」
そう聞かれた私は
「・・・ううん。なんでもない」
そう答えるけれど、

そんな私の言葉に素直に騙される桜子ではないのを思いだしたのは
部屋で目覚をさました後だった。



スポンサーサイト
  • Share

- 2 Comments

miumiu:『姫』  

花サマ おへんが遅くなり申し訳ありません

きっと桜の子の事だから聞き逃さななかったよね。

2016/10/03 (Mon) 22:44 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/01 (Sat) 14:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

家族改造計画 4章-11
PREV
NEXT
家族改造計画 4章-9